FC2ブログ

【号外】5月25日 月曜日






スープすら受け付けない

シリンジでお水を飲ませても

ほんの少しだけで

要らない と唸る


何か食べられる物

興味をしめす物は無いかと

鱈の切り身をチンして

出前してみたら 3分の1食べてくれた

けど

この程度では インスリンは打てない


これは 順番を取りに行って

診察順を待っていられる状況では無い

と判断し、病院に向かう支度をして

8:30を待ち (8:30にならないと繋がらない)

全く回復しない事を病院に告げると

案の定「直ぐに連れて来てください」と


まねくんは 遂に入院

招輝に申し訳なくて

泣き泣き病院へ向かう


起きて直ぐと病院に行く前

朝だけで2度も尿をしていたのも

気になった

食べない→インスリン打てない で

糖尿病も悪化しているのかも



まねくんが体調を崩してから

何かあると直ぐにお腹に来る母も

ピーさんが続き

夜も まねくんが気になって寝られず

ヘロヘロでした


でも ね

人間は良いのよ

寝不足だろうが 体調悪かろうが

この程度なら大丈夫 とか

自分で加減が分かるし

まねくんが元気になってさえくれれば


病院に居る間は

先生が付いているんだから

何かあっても大丈夫と思い

帰宅後に3日ぶりの昼食を食べ

少し仮眠を取ろうとしたけど

なかなか眠れない


そんな中

16:00 医院長から電話

「これからエコー検査に入るが

招輝くんが暴れるようだったら

鎮静剤を打ちます」と言う事と

「最初に投与した肝臓の数値を下げる

薬の効果があったかを見たいので

もう一度 血液検査をしたいと思うが

良いですか?」と言う事でした。

招輝くんはストレスを感じ安いから…

と言っていたけど

ストレスで 水下痢になったと

思っているのかしら


そして

18:00 病院から再び電話

検査終了とお迎え要請の知らせであった事に

ひとまず安堵

開腹手術にならなくて良かった

急いで 招輝を迎えに


レントゲン&エコー検査では

先生が心配していた

心臓肥大や肺の炎症は無く

肝リピドーシスも今のところ問題無し

癌の所見も無し


馬尾症候群である事と

この日の朝 少しだけ食べた鱈が

まだ胃の中にある事

大腸に沢山ガスが溜まっている事

が 分かりました。


ガスは さぁ…

腸の動きを緩やかにしちゃったから

て事は無い??


そして

追加の血液検査の結果

肝臓の数値 更に上がってました

あの治療の意味は

全く無かったって事です

そればかりか

肝臓って解毒しようとする時にも

数値が上がりますよね?

という事は…

やはり 招輝には合わない薬

だったからなのでは

副作用でしょ

どうして招輝を苦しめるの

と言いたかったけど

そこは グッと我慢

これからもお世話にならなければ

ならない訳ですから… ね


でも 先生も効果が無い治療をした事は

認めていました。


ので

最終的には

母が伝えてあった地元病院と同じ薬

点滴&注射してくださったそうです

やっとだよぅ


その結果

まねくんは 帰りの車中からご機嫌

帰宅後には 自らごはんを欲しがり

爪とぎも盛大にバリバリ

ダラりと下がっていた尻尾も振れるようになり

みるみる元気を取り戻しました


招輝のように

町医者では診られないような子達が

転院してくる事も多いのだろうから

病院の特性というのもあるかもだし…

持病のある子だから 大事を取って

かもしれないけど

直ぐに 検査 検査てしないで

最初から 抗生剤とプリンペラン(消化管の機能回復)

を使ってくれていたら

招輝は こんなに何日も苦しむ事無く

元気になれた
のに…



退院時に

「血糖が上がっちゃうから 食欲無くても

一舐めでもしたら1単位だけでも

インスリンを打ってください」と

言っていた先生に

帰宅直後から 食欲もあり

嘔吐&下痢も無く

インスリンも打てている事を報告したら

ビックリしていた様子でした


~~~~~~~~~~


これで まねくんが体調を崩してから

退院する迄の【号外】は終了

5月26日からの通常更新に

つながります~



現在は

食欲が出て嘔吐・下痢無く

体重が増えて脱水が解消する迄

翌日から毎日に通う事になったていた

地元病院での点滴&注射

2日通ってクリア

日々 元気を取り戻しています


後は

母も懸念していた事だけど…

食欲不振の間

インスリン投与が出来なかった為か

糖尿病の進行により

蹠行姿勢(かかと歩き)になってしまったので

これが 再び回復してくれると良いな~

と 思っております

スポンサーサイト



【号外】5月24日 日曜日




体調を崩してから ずっと

食事は 全て出前して口元まで運ぶ


21日からは おやつお水も出前

23日からは 大好きなおやつすら

口元に運んでも要らない

顔を背ける


このままでは体力が…

どうか薬が効きますように

ベッドに入ったのだが

まねくんの動きが気になって 眠れない


そして 願い虚しく

3:43 嘔吐&水下痢


招輝は 今までも

術後の化膿止めやワクチンで

お腹が緩くなったり

セファランチンの副作用で

水下痢になったりしているので

きっと 薬が会わなかったんだ

良くなる所か 悪化してしまった



朝になるのを待って

診察の順番取りに


朝食

固形物は受け付けず スープを40gだけ

更に 食欲が落ちている

しかし あまりインスリンを打てずにいて

糖尿病まで悪化してしまったら…

心配だったので 量を減らし3.5単位投与



ここで 母は思う

2013年 12月

まだ招輝が1歳だった頃

同じ症状に見舞われ 地元の動物病院で

注射&点滴していただいた時は

副作用も無く治った

あの時の薬ならば 治るのでは


一旦 家に戻っている間に

地元獣医師に電話

その時に使って頂いた点滴&注射の

名称を教えて頂き

診察時に

今まで副作用が出てしまった薬名と共に

以前 同じ症状の時に

この薬で副作用無く治った事がある

と伝え メモを渡した



《診察時》

6.4kgまで増えていた体重が

前日は 5.88kg(-520g)

そして この日は更に体重が 5.78kgに…

たった1日で100gも減少している

体温も 前日38.5°から 39.2°に


「血液検査で肝臓・心臓に関わる数値が

急激に上がっていたのが気になるので

もっと詳しい検査をしたい」と言われたが…

殆ど何も食べられず

かなり体力も落ちているので

先ずは食べられるようにしてあげて欲しい

とお願いした。


悪い所を見つけるのは それからでも

体力が付いてから検査でも… と思ったから

以前 良好な効果が見られた薬名も

伝えてあったので

それを使って治してくれる と思ったから

そう言ったのに…


また違う薬

「胃の出口を広げて

腸の動きを緩やかにする薬を使う」

と言われたので

もしも また効果が無くて

ただ単に 苦しいのが長引くだけだったら…

と不安に思い

ころころ変わる人だな

思われるのは承知で

今日 その治療をして頂いて

また明日 検査って事になると

このクタクタの状態の子を

往復2時間×3日させるだけでも心配なので

検査してから 治療の判断を

していただいても… と伝えると

「これで治るようだったら

大きな疾患が隠れている事も無いだろうから

検査しなくても大丈夫でしょう」

と言ってくれたので…

渋々 納得して

その注射&点滴をして頂き 帰宅



どうか このまま回復して

という願い虚しく

悪い予感が的中


夕食 スープ 15gのみ

それも 気持ち悪そうに 口周りをネロネロ

インスリンは 打てず


20:30 ンチポーズ

おならだけ 4つ


23:05

粉薬を飲ませるよう指示があったので

極少量のスープで解き 粘土状にして上顎へ

むにゃむにゃ と飲み込んだかと思ったら

泡を吹き 大量のヨダレ


水すら顔を背けるようになる

寝ながら唸ったり鳴いたりする事は

無くなったが 眠れずに寝返りばかり


良くなっている様には

とても見えない


このまま 翌日の朝食も食べないようなら

レントゲン&エコー検査



そして

今までは毛繕いもあまりしなかったので

気付かなかったけど

やたらと左脚を舐めている

やっぱり違和感があるのかな

脚が痛くて食べられないって事は

考えられないとも思った


体力は落ちていく一方

こんなに苦しい思いをして

早く治してあげて欲しい

どうして治った前例のある薬を

使ってくれないんだろう

怒りさえ込み上げてきた


【号外】5月23日 土曜日






食欲が戻るどころか 嘔吐

しかも 前夜は殆ど食べていないのに

大量の未消化フード

前日の朝の物が いまだに胃の中に

消化器官が働いていないって事だょね

しかも

朝ごはんはスープをかけても12g

しか食べてくれないし

かろうじて インスリンは打てたけど

通院は決定



病院の順番を取る為に 7:30に家を出発

道も空いていたので

8:30頃には到着したけど

診察は お昼過ぎ頃になるそう

でも それは想定内なので

一旦 家に戻る


すると まねくんの姿が見当たらない

寝ていそうな所をあちこち探すと

なんと カーテン裏にこもっていた

留守中に

たいたいがちょっかい出したのかな


11:00頃 病院からの呼び出し電話で

まねくんを連れて 再び出発


血液検査の結果

肝臓の数値が異常に高かったのと

もう1つ CPKという数値も高く

心筋梗塞・骨格筋壊死・中枢神経の損傷

の疑い

後脚がフラフラなのは その為かも? との事

招輝が 口を開けてハアハアするのも

心臓に問題があるのかもしれない… と

ただ 猫の場合

心臓の検査は難しいとも言っていました。


出前ではあっても 一時は食欲が戻ったので

このまま回復に向かう事を

願っていたのに…


抗生剤・消炎剤・ステロイド系の物

(肝臓の数値を下げる)を点滴&注射して頂き

翌朝・晩のお薬を処方され帰宅


全く 変わりが無いようだったら

翌日 また受診




今迄には 有り得ない事だけど

診察が終わり帰宅前に車内でお漏らし

そして 帰宅後

僅かに食べてくれた朝食を

未消化のまま嘔吐

大好きなオヤツも要らないと顔を背ける

夕食

スープ&パウチを舐める程度

それ以上は うぅぅ~~唸り声を上げ拒否

インスリンも打てず


それなのに 空気読めないたいたいは

近寄らないで

招輝が シャーしてるのに

近寄ったり 手を出したり

それを止めさせるだけでも大変


気付いたら 母

この日は 朝食も昼食も食べて居なかった

心配で食欲もわかず

全くお腹が空かなかったんだけど…

仕方なく 夕食は少し食べた


どうか お薬が効いてくれますように


少しずつ




脚の具合は まだまだだけど

日々少しずつ日常を取り戻しつつある

まねくん



またたびオモチャに興味






楽しいですか



元気が出て来て良かったね

大好きなパタパタでも

遊べるようになると良いね



※食欲あり 下痢・嘔吐 無し

体重も200g増加したので

毎日の注射&点滴をお休みして

良い事になりました



現在 パタパタ遊びは

たいたいが担当しております

そして

まねくんがカクカクピコピコ歩く姿にも

慣れてくれたみたいで

怖がる事も無くなりました


あと ね

まねくんがクタクタの間は

うんちょマンが出現しなかったのよ~

昨日 久々にお会いしました



ねぇ~








ご訪問 ありがとうございます

仲良しまねたいをよろしくお願いします





ランキングに参加しています



兄弟・姉妹猫ランキング
ポチッと

応援していただけると嬉しいです


【号外】5月22日 金曜日




2日後


親指位を1本

1時間後 人差し指位を2本(2本目はやや軟便)

15:00頃に 親指より少し細い物を1本

18:00頃 中指位を1本

小刻みにンチをしているが

前日迄のように

出ないのにトイレに行く事は無くなった


座れないのは 相変わらず

チッコもンチングポーズで立って

しかも ややフラつくので

お砂の上に落書きしているみたい


ごはん・お水・おやつ等

出前も変わらず



病院に連れていこうと

電話連絡をしたのだが…

給仕をしてでもごはんを食べていて

吐かないのであれば 様子見で
との事

その位の事は 私でも分かるんだけど…

お腹も少し落ち着いて来てるのに

自ら食べないのは 座れないから

じゃないかと思うし

いつも使っている

廊下ベッド(高さ60cmほど)にも

上がれないので

脚のフラつきの方が心配なのに

と思ったけど…


医師の指示通りに

様子見をする事にした


なのに 晩ごはん

出前をしても4gしか食べなかった

その為 インスリンも打てず


殆どが 具合悪くなるのって夜なのに

相談しようにも

病院は 16:00迄しか電話も繋がらない

様子見した事を後悔


唯一

前日よりも良い事

少し自分のメンテナンスをする様になった事

でも 明らかに体調は悪そうで

たいたいが近付くと

ハァーーっ 来ないで

たいたいは にぃにが好きで

傍に行きたいだけなのに 可哀想

にぃにが 早く元気になって

一緒に遊んでくれると良いね


翌朝 食欲が戻れば良いが

万が一の事を考え

連絡出来るお客様には

ご来店日時の変更をお願いしておいた


プロフィール

maneまんま

Author:maneまんま
ブログへようこそ!

《招輝》まねき
   2012.2.26生
   (推定)

   男の子♂
  現在 6.1㎏

  食べるの大好き!
   ママも好き!?
  爪切りニガテ(><)
おっとり優しい兄ちゃん
 だけど ママに厳しい



《大翔》たいが
   2014.4.3生

   男の子♂
  現在 5.9㎏

  運動神経抜群で
 兄ちゃんが大好きな
    暴れん坊
   だけど ビビり
  食べ物への執着は
   ハンパないです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR