FC2ブログ

またやっちまった




4月9日

この日は 朝ごはん&インスリン後に

チッコだったまねくん

尿糖マイナスだったけど…

インスリンを打ってしまった後だから

量の調整は出来ない


いつもより早目に 間食させたりして

気を付けてはいたんだけど…

また低血糖をおこしてしまいました


症状は 前回とほぼ一緒

ソファーで寝ていたまねくんが

母の膝上に移動

お膝で寝るのかと思ったら

膝上を通り越して行っちゃった


あ… おかしい

今回は 直ぐに気付きました


案の定 その後匂いを嗅ぎながら

フラフラと歩き回り始めたので

急いでシロップ投入


今回は 直ぐに対応出来たし

何度かシロップを舐めさせた後

ちゅ~るも食べたので

前回よりも早く回復するかと思っていた。



ところが

今回は 効果が無い??

何度舐めさせても なかなか回復しない

ならば と

シロップをスポイトで注入


ここで やっと視点が定まり

母が手にしたシロップを目で追い鳴いた

そして 落ち着いてお座りが出来て

歩き方も普通に戻った

低血糖の間は

抱っこしても視点が定まらず 頭を左右に振り

手足を動かし落ち着きが無い



この間 やはり約30分

対処が早くても回復する迄には

この位かかってしまうのだろうか


そして

フードを食べたいと言うので少し与えた

とりあえず 良かった ほっ




と 思ったのもつかの間

数分後に また同じ症状


シロップだけでは無く

ちゅ~るフードも食べたのに 駄目なの


再び スポイトでシロップを注入

治まるまで与え続けても良い物なのか

かなり不安だったので

医師の指示を仰ごうとも思ったが…

発作が治まらないって事は

とにかく今は血糖値を上げるしか無い

と思い 治まるまで与え続けた


量にして アイスコーヒーに入れる

ポーションタイプの ガムシロップを2/3

前回のペロペロの時とは訳が違う

小さな体に対しては かなりの量だと思う



そして やはり30分ちょっと経過した時

窓辺のハンモックの突き当たりに行き

あぁ~ん あぁ~んと鳴いたので

抱っこしてあげたら

前回同様 ずっと付いて歩いていたたいたいが

突然 抱かれている招輝に飛び付いた


招輝もビックリしてシャーっと叫び

母の腕から飛び降りた


とっさに たいたいを捕まえて

にぃに 具合いが悪いのに

どうしてそういう事するの

駄目でしょ
と叱り付けてしまった



たいたいの取った行動が

刺激になったのかどうか

定かではありませんが

(興奮すると血糖値は上がるらしい)

まねくんは 低血糖から脱しました


前回と症状は同じ

でも 今回は2回も繰り返したので

時間も約2倍

戻ってくれて良かった



ホッとしてから

たいたいをの様子を見に行くと…



大きくなってからは

滅多に入らなくなっていた

廊下タワーのハンモックで しょぼん


ゴメンね たいたい

まねくんを抱っこしたから

こんな時なのにヤキモチ

て 思っちゃったけど…

もしかしたら

にぃに シッカリして

言いたかったのかもしれないし

抱っこした時に

招輝が いにゃ~んて泣いたから

にぃにを助けてあげなくちゃ

て 思ったのかもしれないょね


まねくんの具合いが悪くなると

それだけで頭がいっぱいになっちゃって…

掛かりっきりになっちゃうもんね

ほんと 申し訳無いと思ってるょ



この日の夜から

母の判断でインスリン量を減らしました💉

低血糖発作は

まねくんにも たいたいにも

負担になる事をしみじみと感じました。







ご訪問 ありがとうございます

仲良しまねたいをよろしくお願いします





ランキングに参加しています



兄弟・姉妹猫ランキング
ポチッと

応援していただけると嬉しいです


スポンサーサイト



そりゃそうなるわ(*´ο`*)




昨日「外注検査の結果が出ました」と

医院長先生から電話がありました


【糖化アルブミンの数値】16.3%

低うぅーっ ← 目標値20~30%

普通の子みたいだ(通常基準6.7~16.1)


これじゃ 低血糖にもなるょね


今後は 検査紙で

1度でも尿糖がマイナスになったら

インスリンを減らし💉

-や+-にならない様に

加減する事にしました


どんどん減らしていけると良いなぁ~

まねくん 頑張ろうね



お食事中の方 申し訳ございません

NEWトイレ 1番乗りはまねくんでした







ご訪問 ありがとうございます

仲良しまねたいをよろしくお願いします





ランキングに参加しています



兄弟・姉妹猫ランキング
ポチッと

応援していただけると嬉しいです


久々の検査




昨日は 招輝の通院日でした


何も知らずに車に乗り込み



ご機嫌さん



何処に行くのかも知らずに



え…



気付いた



痛っ

気付いてないみたいね


いざ 出発


病院迄の道のりでは

まだ少し早いかなぁ~ と思っていた

も 見る事が出来ました



車内からなんで

あんまり綺麗に撮れなかったけど


そして 病院に到着

招輝さん 今度は違う意味でご立腹



まぁまぁまぁ…

桜も見れたんだし そんなに怒んなくても



昨日も 担当は医院長先生でした👨‍⚕️

インスリン量を5.0に減らしても

尿糖がマイナスになる事かあると伝えると

約1週間前に低血糖を起こした事もあり

今回は 半年ぶりの血液検査


ほんとの事言うと

母としては

先月 検査をして欲しかったのょね

尿糖がマイナスになる事が

何度かあった事を伝えたから

やってくれるだろう

て思ったんだけど…

先生は

「続くようだったら

インスリンを減らしましょう」

て事で 検査は無しだったの


招輝は血管が細い上に固くなっている

聞かされていたし

招輝の体への負担を考えての事だろうから

無理にお願いするのも… て

思っちゃったんだけど

今になって思えば

やって頂いていたら低血糖を防げたかも

まねくん ゴメンね





昨日の結果

【院内】GLU40(正常値69~146)

先生一言 「低っ


これは その時点での血糖値で

あえて1番低くなる時間帯

予約を入れてもらっているんだけど

それにしても低い

インスリン量を減らしたにもかかわらず

この数値は危険 て事で

【外注検査】の結果を待たず

インスリンを4.5に減らす事になりました


それでも 尿糖がマイナスになる事があれば

更に減らして4.0にしてください

という事で

昨晩から インスリン量を4.5に減らし

様子を見ながら

外注検査の結果を待ちます








ご訪問 ありがとうございます

仲良しまねたいをよろしくお願いします





ランキングに参加しています



兄弟・姉妹猫ランキング
ポチッと

応援していただけると嬉しいです


【覚書】これが低血糖




3月14日(日)

日付が変わって間もなく A.M 0:30頃


母の膝に手を置いて話掛けていた招輝に

遅くなっちゃったね

そろそろ お夜食たべて寝よかぁ~

と言うと

トコトコと歩き出した

と思ったら

パタパタがさしてある所でスリスリ


遊びたくなっちゃったの

もう寝んねの時間だよ

と言っているうちに

スリスリが過ぎて

パタパタ入れごとバターンと倒す

もう 何やってんの~ と

笑っていられたのは ここまで


まねくんの様子が急変


倒した物を踏み付けて← 普通は避けて歩く

キッチンゲートにも異常なほどスリスリ

それはもうゲートを倒す勢い

明らかにおかしい


まねくん 何してるの

声を掛けても無反応

ひたすら スリスリグリグリ

ゲートを開けると キッチンに入り

あらゆる所の匂いをクンクンしながら

歩き回り

物が置いてある角に行っても

歩みを止める事無く

「まねくんと声を掛けても見向きもせず

グイグイ進む

それはまるで 認知症の様な症状


いつも大騒ぎする

大好きなご飯を前にしても

自ら食べようとせずひたすらウロウロ

歩き回るまねくんの口元に

フードの入ったお皿を押し付けると

アグアグと食べ始めたが

その食べ方は まるで見えていないよう

手当り次第にお皿の中をアグアグしていて

自分の口に当たらなくなると

お皿にフードが残っていても

また前進しようとする

フードの匂いも分からないのかな


いつも 最後までお皿をキレイに舐める

まねくんなのに有り得ない


何度も口元に持って行き

最終的には全て完食してくれたので

抱っこして寝室へ

この時も

ゴロロ~ゴロロ~と言ってはいるものの

私と視線が合わない


寝室でもベッドの上をウロウロし

やはり端に行き

ベッドの縁につかまり立ち上がる

危ないので 床に下ろすと

ここでも あちこち匂いを嗅ぎまくり

そのまま廊下へ


そして 階段を下りて行く

後ろ足がフラフラ~としている事に気付く

これが低血糖かもしれない


まねくんが

無事に階段を下りた事を見届けて

キッチンに走り

急いで シロップを手に階下へ


まねくんは 玄関で

床にある給水用のお皿を物ともせず

やはりひたすら角に向かって進もうとしていた


普段はお口を触ると

開いたりしてくれるのに

この時は 真一文字に閉じたまま

前に進む事しか頭に無い様子
だったので

指にシロップを着け

歯磨きの要領で

口の脇から歯に擦り付ける


クチュクチュペロっとしてくれたので

これを何度か繰り返し

もっと何か食べさせようと

おやつを取りに行っている間に

鳴き声


あの おしゃべりまねくんが

この行動の間 一切声を発せずに居たので

声を聞いた時に

大丈夫だ と直感で思った


玄関に下りて行くと

そこには 何事も無かったかのように

ちょこんとお座りしているまねくんの姿

もちろん 心配してついて歩っていた

たいたいも一緒に


この後 おやつも食べ ← 自ら ちょうだいと言った

寝んねしよ~ と言うと

ちゃんと付いて来て

皆でベッドに入りました ほっ

時計を見たら 1:00前

約30分間の出来事でしたが

とっても長く感じました。



翌朝

医師に連絡を入れたら

「お水をガブ飲みしていないのなら

やはり低血糖を起こしていたと思う」

という事でした。

高血糖と低血糖 症状が似ているのょね

でも 母の判断が合っていて良かった



初めて経験した低血糖

緩やかに症状が出るのでは無く

突然表れるので

とても危険だと思いました

一緒に居る時だったから対処出来たけど

もしも 外出中だったら… と思うと

生きた心地がしません



そぅだょぅ



今日は私自身の【覚書】でした。

現在 招輝は元気です

インスリン量を0.5単位減らしました








ご訪問 ありがとうございます

仲良しまねたいをよろしくお願いします





ランキングに参加しています



兄弟・姉妹猫ランキング
ポチッと

応援していただけると嬉しいです


まねくん頑張った




昨日のにゃんこの日

まねくんの通院日でもありました



朝から快晴とっても暖か

ドライブ気分でルンルンルン~






何処行こっか 病院だけどね


予約ではあるけれど 少し混み合っていた為

車で待機

到着したのが病院だと分かり

招輝のテンションダダ下がり



そんな事言わないで~

まねくん調子良いから

きっと 今日もチックン無いかもよ



今回は

久しぶりに医院長先生でした

「元気な声だね~」

「体重も胸の音も大丈夫!」て事で

今回も採血は無しでした

検査紙で 時々マイナスになる事を伝えたら

「あまり続くようだったら

5.0にしましょう」と


まだ 時々だから駄目だけど

ちょっと嬉しかった



診察後

ご褒美のおやつを食べてご機嫌さん







そして 帰りに公園をお散歩



そだよ

土や葉っぱがあって良いでしょ


て思ったのに…

まねくん どして端っこ行っちゃうの



どうやら いつも家の周囲で

アスファルトやコンクリートの所を

歩いているので…

気持ち悪い(?) みたい



結局 コンクリートの上


芝生の所を歩かせようとすると



お外を歩いた方が

元気になれるらしいよ

少し自然に触れ合えただけでも

良しとするか




帰宅すると

たいたいの猛烈チェック






この後

しつこい猫パンチをくらってました


たいたいも怖い怖いじゃ無ければ

連れて行ってあげるのになぁ~







ご訪問 ありがとうございます

仲良しまねたいをよろしくお願いします





ランキングに参加しています



兄弟・姉妹猫ランキング
ポチッと

応援していただけると嬉しいです


プロフィール

maneまんま

Author:maneまんま
ブログへようこそ!

《招輝》まねき
   2012.2.26生
   (推定)

   男の子♂
  現在 6.67㎏

  食べるの大好き!
   ママも好き!?
  爪切りニガテ(><)
おっとり優しい兄ちゃん
 だけど ママに厳しい



《大翔》たいが
   2014.4.3生

   男の子♂
  現在 6.05㎏

  運動神経抜群で
 兄ちゃんが大好きな
    暴れん坊
   だけど ビビり
  食べ物への執着は
   ハンパないです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR