FC2ブログ

へぼっ ((´д`;)




昨日 病院から電話がありました

外注検査の結果です。


インスリンの量を増やして

2ヶ月も経ったのに…

糖化アルブミンの数値も

前回43.5%だったのが

41.7%になっただけで

やはり 殆ど変わらなかった


医師は

まだ高いからインスリン増やしましょう

4.0単位って 簡単に言うけど

一時は 16.5%まで下がって

インスリンも 2.5単位に減らせたのに

この所 検査をする度に

インスリン量が増えて行く…


どこか他の部分に問題が有るとか

今 投与しているインスリンに対して

抗体が出来ちゃって

効かなくなってるとかって事は

無いのかなぁ…

素人ながら 色々調べてみると

インスリンにも

種類があるみたいだから

体質に合う・合わないも

あるような気がするんだけど


以前のように

数値が落ち着いてくれる事を

祈るばかりです




まねくんが ジッと見つめる視線の先は



母の手元



母が 何か食べていた


いえいえ

まねくんのお顔を

良ぉ~く見てみてください

お目目キラキラ じゃなくて

ちょっと不機嫌そうでしょ


母の手元にあった物は これ



まねくんがインスリンを打つ時に使用する

消毒用カット綿を作成中

まだまだ お世話になりそうだから… ね

こんな事 しないで良くなると良いね








ご訪問 ありがとうございます

仲良しまねたいをよろしくお願いします





ランキングに参加しています



兄弟・姉妹猫ランキング
ポチッと

応援していただけると嬉しいです


スポンサーサイト



コメント

Secret

糖尿病辛いですね😢
東洋医学の考え方を残して置きますので、興味がなければ読み飛ばしてください。

肺に『燥熱』が起こると上部が乾きノドが乾きます。
肺は燥熱という邪気に侵されているので自律機能が失われます。
飲んでも体には浸み込まず、体を素通りして、多尿となります。

肺の燥熱はストレス・食べ過ぎが原因で起こります。
ストレスという緊張は熱を発生させ、その熱が肺に影響します。
食べ過ぎも胃に熱をこもらせ、肺を乾かして熱を持たせます。

胃に『燥熱』が起こると、中部に乾きが生じ、食べても食べてもお腹が空きます。
中が乾けば上も乾くので、ノドも乾きます。
中部に燥熱が起こると脾も弱ります。
脾の機能を失うと、大量にとった栄養分や水が吸収出来ず身体中に行き渡らず、素通りして排出されてしまいます。
栄養分は身に付かず排出されてしまうので痩せていきます。
腸にあるのは乾いた熱なので、便は乾燥し固くなります。
腎陰虧虚とは、腎陰(腎臓の陰)の弱りのことです。陰とは「恵みの雨」のこと。つまり分かりやすく言うと、腎臓プールが干上がりかけている状態。また、腎臓には求心性の働きがあり、体液が外に散らばらないように引力のように中央に集める力がありますが、これも弱り、小便に歯止めが効かなくなります。

腎臓が乾くと身体の下部が乾いているのと同じで、必然的に中部(胃)も上部(肺臓)も乾きます。
上・中・下とも乾くので口やノドがカラカラになりますが、弱り過ぎてガブガブ飲みたがることはもうありません。
肺の機能が効かないので、浸み込まず尿として出てしまいます。
胃が乾くので食べても飢えますが、弱り過ぎているので空腹感の割にそう多くは食べません。
脾の機能が効かないので、吸収されず排出されます。腎臓の機能が失われると、残った栄養分に満ちた体液も、尿として排出されてしまいます。
飲めない・食べられない割に、栄養や水分が抜けていく。非常に危険な状態です。

元々の体質や潜在的なストレス(寒暖差や睡眠不足など)を改善し、食事は腹八分目にして胃腸の負担を減らすと、肺・脾の機能が復活します。
蓄積した湿・熱を排出しながら、湿熱を溜めない治療を行うこと。
これが予防・治療になります。
体質改善なので時間が掛かりますこれと思われたなら直ぐに始められた方が良いですよ。

長々とすみません😢⤵️⤵️
少しでもお役にたつと良いのですが。

黒猫好きさん


貴重なお話しを有り難うございますm(_ _)m

太り過ぎて病気にならないようにと
食事量は ずっと管理してきましたので
食べ過ぎは無いと思います。
地元のかかりつけだった獣医さんには
「太ってもいなし まだ若いのに(発症時は6歳)
これだけ管理されていて糖尿病になるという事は
元々持っていたのかもしれない」とも言われました。


猫には珍しくあまり動じない子だし
睡眠も充分取れていると思いますし…
寒暖差も 気を付けてはいるのですが
何がストレスなんだろぅ(ノД`)…
仲良くしているように見えるけど
弟猫の自由さやしつこさがストレスなのかしら?

今一番のストレスは 通院&検査だと思います(._.)
以前は病院も嫌がる事なく 院内を探検したり
先生にも愛想を振り撒いていたのですが
転院してからは 待合室でもずっと泣いています。
でも 病院を取り除いてあげる訳にはいかないし<(_ _*)>

東洋医学も用いている動物病院を検索してみたら
近い所でも1時間半
元々の体質を改善出来るのなら してあげたいけど
(現在も 少しでも体質改善になればとサプリを飲ませています)
長距離の通院も 猫の負担になると思うと考えてしまいます。

このお話は 頭に留めておきます。


東洋医学を取り入れている獣医はなかなかまだないですよね(^^;

血流をよくして尿や便から熱を排出させてあげるのが良いですよ。
首筋から腰までを背骨に添って優しく手のひらを使って撫で下ろし肺と胃腸にある熱が下に降りるようにしてあげてください。
手と足の指の肉球を一本ずつ軽く摘まんで指先を刺激してあげてください。
大きな肉球の間をなぞると指先を広げるので手足の指先を広げるようにしてあげてください。

簡単な方法ですので続けてみてください(^^)d
繰り返しているうちに血流がよくなり身体中に
血液がまわるようになりますよ。

糖尿病の原因である湿熱を取り除くことは大変ですが徐々に改善していくと思います。

私自身は膵臓の機能が生まれつき半分しか機能していないために血液検査では糖尿病引っ掛かります(>_<)
今はタンポポ茶を飲んでます。
タンポポ茶は腎不全のイメージかもしれませんが糖尿病にも良いですよ。

まだ若い猫ちゃんなので免疫力の暴走かもしれませんね。
お臍の周りぐるぐる撫で擦ってマッサージも良いかもしれません。

マッサージは揉まないで撫でてあげてくださいね。

お大事に(*^^*)



黒猫好きさん


わぁ!
有り難うございます!

背中や肉球 おヘソ周りののマッサージなら
私にも出来ます♪(^-^)/
身長があるのに採血が困難なほど血管が細いので
血流が悪いのかもしれませんね!
早速 実行してみます!p(^-^)q
タンポポ茶って猫にも良いのかしら?

こんなに東洋医学に詳しいなんて凄いなぁ~
研究者?もしかしてお医者様?と思ったら
黒猫好きさんご自身が膵臓に問題があるのですね(。゚Д゚。)
招輝も「膵臓等の臓器に問題が有る可能性もあるので
設備の整った大きい病院で診てもらってください」って
今の病院を紹介されたのですが…
「血液検査の結果からみても 典型的な糖尿病の症状ですね」と言われ
まだ細かい検査はしてくれません。
もしかしたら猫の負担になる検査なのかしら(・・;)

家で出来る事 詳しく教えてくださり
本当にありがとうございます

黒猫好きさんも お大事になさってくださいませm(_ _)m



プロフィール

maneまんま

Author:maneまんま
ブログへようこそ!

《招輝》まねき
   2012.2.26生
   (推定)

   男の子♂
  現在 5.95㎏

  食べるの大好き!
   ママも好き!?
  爪切りニガテ(><)
おっとり優しい兄ちゃん
 だけど ママに厳しい



《大翔》たいが
   2014.4.3生

   男の子♂
  現在 5.6㎏

  運動神経抜群で
 兄ちゃんが大好きな
    暴れん坊
   だけど ビビり
  食べ物への執着は
   ハンパないです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR